所長が特定行政書士資格を取得
 行政書士法が改正され特定行政書士制度が創設されました。所長坂本寛文は平成27年12月4日に特定行政書士法定研修の
課程を終了し特定行政書士となりました。今後は、官公署に提出する許認可等の申請手続きに加え、お客様のご依頼に基づき、
行政書士が作成する書類にかかる審査請求、異議申立て、再審査請求など行政庁に対する不服申立て手続についてもお客様を
代理できることとなりました。特定行政書士は、許認可申請手続きに加え不服申立て手続きまでを一貫して取り扱えることになった
のです。建設業許可申請への不許可処分や産業廃棄物処理施設設置許可申請への不許可処分に対する不服申立て手続きなどが
具体例です。なお、行政事件訴訟法に基づき、行政庁を被告とする訴訟事件は扱えませんので弁護士をご紹介いたします。

只今、鋭意作成中!!